火を使い加熱調理して食べれば安全

食中毒を引き起こす主な原因は、「細菌」や「ウイルス」である。細菌もウイルスも目に見えない小さなものである。「細菌」は、温度や湿度などの条件が揃うと食物の中で増殖し、その食物を食べることによって食中毒を引き起こす。

細菌が原因となる食中毒は高温多湿な夏場に多い。「ウイルス」は、自ら増殖はしないが食物を通じて体内に入ると腸管内で増殖し、食中毒を引き起こす。

ウイルスで代表的なものはノロウイルスである。ノロウイルスは、調理者から食品を介して感染する場合が多く、他にも二枚貝に潜んでいる場合もある。では、食中毒を防ぐにはどうしたらよいのだろうか?

食中毒を防ぐには、食中毒の原因を「つけない・増やさない・やっつける」ことが最も大切と考えられる。「つけない」とは、手には様々な雑菌が付着しているため調理を始める前や生の肉や魚、卵を取り扱う前後等には必ず手洗いを行うことである。

「増やさない」とは、細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になるが、10度以下では増殖がゆっくりとなる。さらにマイナス15度以下では増殖が停止する。

食物に付着した菌を増殖させないためにも低温で保存することが重要である。「やっつける」とは、ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅する。

そのため肉や魚、野菜等は加熱調理して食べれば安全である。