原因を根本的から除去する治療

冬場の時期には感染性胃腸炎がニュースなどでも取り上げられることが多く、ノロウィルスなどによる食中毒の症状を抱える人が増加することでも知られています。

こうした食中毒の潜伏期間においてはウィルスや最近の種類によっても大きく異なっているものの、一般的には3日から1週間程度とされています。

現代の医療においては食中毒の原因を根本的から除去する治療を行うことはできず、水分補給などの対症療法にとどまっています。

食中毒は一般の家庭内はもちろん飲食店の経営者にとっても大きな関心ごとのひとつとなっています。

飲食店内で食中毒が発生した場合には営業停止などの行政処分を受けることになるために、社会的なペナルティが大きいことでも知られています。

そのため、積極的に衛生管理に取り組むことが期待されており、安全性が高いことを売りにしている飲食店も増加しています。

飲食店内において食中毒を発生させないためには外部からの細菌やウィルスを持ち込ませないようにすることが有効です。そのため、従業員の検便や検温などの体調管理にしっかりと気を配ることが求められるようになっています。