細菌やウィルスがたくさん付着

食中毒になった場合には下痢や嘔吐、腹痛、頭痛などの多種多様な症状に悩まされることになるために、しっかりと予防に励むことが重要です。

食中毒には大まかに分けて動物性と植物性があることでも知られています。

はじめに動物性食中毒については肉類や魚類などが原因となってます。特に豚肉には食中毒を引き起こす細菌やウィルスがたくさん付着していることがあるために、しっかりと火を通して食べることが望まれています。

また、カキなどの二枚貝には冬場の時期に猛威を振るうノロウィルスが含まれているために、生食はくれぐれも避けることが必要です。

一方で植物性食中毒の9割程度はキノコに依拠するものとなっています。キノコには激しい中毒性を持つものが存在しており、少しでも食べると命の危険が生じるものも日本国に分布しています。

そのため、キノコ狩りなどを行う際にはきちんとキノコの知識を持っている人をガイドにつけることが望まれています。また、毒キノコかどうか見分けがつかないものについては一切口にしないことが重要です。

今後も食中毒についての関心がさらに高まることが見込まれています。